高倉みゆきの画像と動画が満載、キーワードでつながる世界がここにある! みんなでたくさん見ましょう!!

高倉みゆき

高倉みゆきの画像 |  高倉みゆきの動画

高倉みゆきの画像

高倉みゆきの画像が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 高倉みゆき

高倉みゆき 画像  

高倉みゆきの動画

高倉みゆきの動画が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 高倉みゆき

高倉 みゆき(たかくら みゆき。本名:東道子(旧姓・和田)、1934年3月28日 - )は、日本の女優。千葉県銚子市出身。銚子高校(銚子市立銚子高等学校)卒業後の1953年、東宝に入社し、大部屋の女優となった。1955年、東映京都に入社。本名の和田道子で映画「紅孔雀」でデビュー。本名のまま東映で映画「百面童子・四部作」などにも出演した。1957年、新東宝の社長・大蔵貢にスカウトされ、同年7月、新東宝に入社。同年、映画「戦雲アジアの女王」の川島芳子役で初の主役を演じる。1958年には「天皇・皇后と日露戦争」、1959年は「明治大帝と乃木将軍」で皇后を演じ、皇后女優と呼ばれた。皇后役のみならず、美貌を誇る新東宝の主演スターとして、他の数々の映画にも出演し大活躍したが、大蔵貢との仲がおかしくなる。主役に予定されていた「大学の竜と女王蜂の怒り」を降ろされ、さらにラジオ東京テレビの2本のテレビドラマ出演も大蔵のせいでつぶされた。この事でマスコミが殺到。大蔵は記者会見の席上、『「女優を妾にした」と記事にあるが、女優を妾にしたのではない。妾を女優にしたのだ』と発言して大スキャンダルになる。結局、高倉は1960年に新東宝を退社してフリーになる。その後、新東宝の経営はさらに悪化して、大蔵貢は退陣に追い込まれ、翌1961年に倒産。 (wikipedia:高倉みゆき)

女優データベース  > 高倉みゆき

このサイトについて  
Copyright © キーワードツール All Rights Reserved.  |  Privacy Policy  |   Terms of Service

[SEARCH TRACKER] | ぐらびあデータベース | ディレクトリ