川上貞奴の画像と動画が満載、キーワードでつながる世界がここにある! みんなでたくさん見ましょう!!

川上貞奴

川上貞奴の画像 |  川上貞奴の動画

川上貞奴の画像

Naritasan Teishoji Temple - Sadayakko temple - 貞照寺 川上貞奴 20120301 Cultural Path 1 (Old grand parlor) 旧川上貞奴邸 Former Kawakami Sadayakko's Residence 旧川上貞奴邸 Former Kawakami Sadayakko's Residence 旧川上貞奴邸 Former Kawakami Sadayakko's Residence

川上貞奴の動画

川上貞奴の動画が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 川上貞奴

川上 貞奴(かわかみ さだやっこ、本名 川上 貞(旧姓:小山)、明治4年7月18日(グレゴリオ暦1871年9月2日) - 昭和21年(1946年)12月7日)は、戦前の日本の女優。 生涯 東京・日本橋の両替商・越後屋の12番目の子供として誕生。生家の没落により、7歳の時に芳町の芸妓置屋「浜田屋」の女将、浜田屋亀吉の養女となる。伝統ある「奴」名をもらい「貞奴」を襲名。芸妓としてお座敷にあがる。日舞の技芸に秀で、才色兼備の誉れが高かった貞奴は、時の総理伊藤博文や西園寺公望など名立たる元勲から贔屓にされ、名実共に日本一の芸妓となった。 1894年、自由民権運動の活動家で書生芝居をしていた川上音二郎と結婚した。しかし当初は苦労も多く、音二郎の2度もの衆院選挙落選により資金難に陥る。1898年に2人は築地河岸よりボートに乗り、国外への脱出を図るという挙に出たこともある。この試みは失敗し、淡路島に漂着して一命を取り留めた。 1899年、川上音二郎一座のアメリカ興行に同行したが、サンフランシスコ公演で女形が死亡したため(興行主から「女の役は女性がするべきで女形は認められない」と拒否されたためとも)急遽代役を務め、日本初の女優となった。 (wikipedia:川上貞奴)

女優データベース  > 川上貞奴  > 川上貞奴

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

今すぐに川上貞奴をゲットする!!
川上音二郎と貞奴 -明治の演劇はじまる
二人の天馬 電力王桃介と女優貞奴
実録 川上貞奴―世界を翔けた炎の女
マダム貞奴
川上音二郎と貞奴III -ストレートプレイ登場する
川上貞奴 (物語と史蹟をたずねて)
川上音二郎と貞奴II -世界を巡演する-
マダム貞奴
自伝音二郎・貞奴 (1984年)
マダム貞奴 ―世界に舞った芸者
Web Services by Yahoo! JAPAN

このサイトについて  
Copyright © キーワードツール All Rights Reserved.  |  Privacy Policy  |   Terms of Service

[SEARCH TRACKER] | ぐらびあデータベース | ディレクトリ