小田切みきの画像と動画が満載、キーワードでつながる世界がここにある! みんなでたくさん見ましょう!!

小田切みき

小田切みきの画像 |  小田切みきの動画

小田切みきの画像

小田切みきの画像が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 小田切みき

小田切みきの動画

小田切みきの動画が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 小田切みき

小田切 みき(おだぎり みき、1930年6月29日 - 2006年11月28日)は、日本の女優。本名、四方 美喜(よも みき)、旧姓、山藤(さんとう)。チャコちゃんこと四方晴美の母としても知られる。 東京府豊多摩郡千駄ヶ谷町(現在の東京都渋谷区千駄ヶ谷)生まれ。幼時より日本舞踊の英才教育を受け、新協劇団で子役として活躍。1935年、『夜明け前』で初舞台を踏む。 1938年、山本薩夫監督の『田園交響曲』で映画に初出演。この時の芸名は富士山君子。 俳優座研究生時代、1952年に黒澤明『生きる』の志村喬の交際相手役として抜擢され、役名の"小田切とよ"から苗字を取って小田切みきを名乗る。俳優座の研究生は2年にならないと映画出演できないという決まりがあった。当時1年だった小田切は本来は出演できないはずなのだが黒澤映画という事で特別に許されたという。最終選考の段階では、とよ役には小田切と左幸子が残っていたが、黒澤は自然で少しも飾らない小田切の方を選んだ。 後に俳優の安井昌二と結婚、四方姓となる。娘が二人おり、長女の四方正美、次女の四方晴美ともに子役として人気があった。 (wikipedia:小田切みき)

女優データベース  > 小田切みき  > 小田切みき

このサイトについて  
Copyright © キーワードツール All Rights Reserved.  |  Privacy Policy  |   Terms of Service

[SEARCH TRACKER] | ぐらびあデータベース | ディレクトリ