宮城まり子の画像と動画が満載、キーワードでつながる世界がここにある! みんなでたくさん見ましょう!!

宮城まり子

宮城まり子の画像 |  宮城まり子の動画

宮城まり子の画像

「やさしくね やさしくね やさしいことはつよいのよ 」(宮城まり子さん)っていう言葉を思い出したよ。#薔薇 #神代植物公園

宮城まり子の動画

宮城まり子の動画が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 宮城まり子

宮城 まり子(みやぎ まりこ、本名:本目 眞理子(ほんめ まりこ)、1927年3月21日 - )は、日本の歌手・女優・映画監督・福祉事業家。東京都名誉都民。 幼くして母と死別するつらい少女時代を送った。東京府蒲田に2人兄妹の妹として生まれる。父親の仕事の関係で、小学校3年から大阪で育つ。小学校5年の時、父親が事業で失敗、母親が病死する。そのため小学校卒業と同時に、兄と共に吉本興業に入り、歌謡曲を歌うようになった。戦時中の1944年10月、宮城千鶴子の芸名で15歳で大阪花月劇場(吉本興業直営)にて初舞台を踏む。 その後、自らの一座を率いて九州を巡業し、終戦を迎える。戦後の1948年、父親、弟の八郎と上京、浅草の舞台に立つ。翌年、菊田一夫の推薦で日劇の舞台に主役として迎えられる。1950年2月 テイチクから「なやましブギ」でデビュー、ポリドールを経て、ビクター移籍第二弾『あんたほんとに凄いわね』が初ヒットになった。そして、1953年、レコードで歌った『毒消しゃいらんかね』が流行し一躍歌手としてその名が知れ渡った。 (wikipedia:宮城まり子)

女優データベース  > 宮城まり子  > 宮城まり子

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

今すぐに宮城まり子をゲットする!!
キャリアカウンセリング (21世紀カウンセリング叢書)
ナラティブ・キャリアカウンセリング――「語り」が未来を創る
リーダーの仕事力を高める7つの心理学
「聴く」技術が人間関係を決める (ナガオカ文庫)
宮城まり子BOX 唄の自叙伝
産業心理学―変容する労働環境への適応と課題 (心理学の世界 専門編)
としみつ (講談社文庫 み 5-3)
まり子の「ねむの木」45年
社会人のための産業カウンセリング入門
淳之介さんのこと
Web Services by Yahoo! JAPAN

このサイトについて  
Copyright © キーワードツール All Rights Reserved.  |  Privacy Policy  |   Terms of Service

[SEARCH TRACKER] | ぐらびあデータベース | ディレクトリ