塩沢ときの画像と動画が満載、キーワードでつながる世界がここにある! みんなでたくさん見ましょう!!

塩沢とき

塩沢ときの画像 |  塩沢ときの動画

塩沢ときの画像

塩沢とき(そらちゃん) 塩沢ときだってのに 初代 岡本喜八の監督デビュー作『結婚のすべて』(1958年)を鑑賞。リズム感抜群、ギャグもセンスも隅々まで冴え渡る素晴らしい作品でした。雪村いづみも新珠三千代も塩沢とき(!)もみんなみんな可愛い!

塩沢ときの動画

塩沢ときの動画が見つかりませんでした。さらに探したい方はこちら>> 塩沢とき

塩沢 とき(しおざわ とき、1928年4月1日 - 2007年5月17日)は、日本の女優。本名及び旧芸名は塩沢 登代路(とよじ)。東京市牛込区中里町出身。実践高等女学校卒。亡くなるまで東宝芸能に所属。趣味は食べ歩き。 来歴・人物 1947年(昭和22年)、19歳。越後憲、杉葉子らとともに東宝ニューフェイス第2期に合格。 1950年(昭和25年)、22歳。端役で『女三四郎』にて映画初出演。 以降『武蔵野夫人』、『うれし恥かし看板娘』、『見ないで頂戴お月さま』、『大学のお姐ちゃん』など1950年代の数々の東宝の作品に清楚な美人女優として出演する。 1958年(昭和33年)、30歳。舌癌を病み、その手術の際に総入れ歯となってしまう。 1969年(昭和44年)、41歳。この年開始された『ケンちゃんシリーズ』ではシリーズ全般に渡り、強烈な教育ママ役で多数出演(決まり台詞は「んま~、なんてことでしょ!」であった)。 1970年(昭和45年)代になり、映画からテレビの時代に入ると、様々なテレビドラマの脇役として大活躍。 (wikipedia:塩沢とき)

女優データベース  > 塩沢とき  > 塩沢とき

このサイトについて  
Copyright © キーワードツール All Rights Reserved.  |  Privacy Policy  |   Terms of Service

[SEARCH TRACKER] | ぐらびあデータベース | ディレクトリ